AED(自動体外式除細動器)販売

AEDでひとりでも多くの命を救えたら。

AED(自動体外式除細動器)とはAEDの使い方AEDのメンテナンス
AED講習AED製品情報・オプションよくある質問AED設置事例

AEDについて

突然の心停止(心臓突然死)とは

いつでも、どこでも、誰にでも起こるかもしれないこと、それが突然の心停止(心臓突然死)です。
突然の心停止は様々な国で主要な死亡原因の一つとなっています。

突然の心停止の多くは、心室細動(VF)と呼ばれるものが原因です。心室細動になると心臓が不規則に痙攣(けいれん)するような状態となり、血液を全身に送り出す心臓本来のポンプ機能を果たせなくなります。

心室細動の最も有効な治療法は、電気ショックによる除細動です。

除細動とは

除細動とは除細動とは、主に心室細動を起こした心臓、つまり痙攣を起こして血液を全身へ送るポンプ機能を果たせなくなった心臓に電気ショックを与えることです。電気ショックにより心臓は、ポンプ機能を取り戻すことが出来ます。

AEDとは

AED突然の心停止(心臓突然死)から命を救うための装置です。痙攣を起こした心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻します。

操作は音声ガイダンスにより指示され、電気ショックが必要かどうかもAEDが判断します。高度な専門知識を必要とせず、安心して簡単に操作することができる装置です。

2004年7月1日より医師や救急救命士だけでなく、現場に居合わせた一般市民もAEDが使用できるようになりました。一般市民による早期の除細動を実現させることにより、突然の心停止からの救命率の向上が期待されています。

迅速な除細動の重要性

除細動までの時間と救命率突然の心停止を起こした方の救命率は、除細動が1分間遅れるたびに約10%の割合で低下します。救命のためには、できるだけ早く除細動を行うことが重要です。一般市民による除細動および心肺蘇生法の組み合わせがより多く実現すれば、突然の心停止からの救命率が向上すると期待されています。

救命の連鎖

「突然の心停止」を起こした方の命を救う為には、「救命の連鎖」といわれる4つの行動を迅速に行うことが重要です。

迅速な119番通報 迅速な心配蘇生法 迅速な除細動 迅速な高度救命措置
迅速な119番通報 迅速な心配蘇生法 迅速な除細動 迅速な高度救命措置

AEDの特徴

  • 操作が1・2・3のステップで使用可能
  • 音声による操作ガイダンス
  • 電気ショックが必要かどうかをAEDが判断
  • 小型・軽量で持ち運びが容易
  • バッテリ駆動(バッテリ寿命は約3年~4年)
  • メンテナンス・フリー(セルフテスト機能)

AEDの使い方

AEDの使い方は機種によって違いはありますが、基本的な操作は簡単です。
例:ハートスタートFRx

操作方法 音声ガイド

AEDの電源を入れる1.AEDが到着すると直ぐに緑の電源ON/OFFボタンを押す

電源が入ると音声ガイドが自動で始まります
・上半身の衣服を脱がせて下さい。
・胸が露出したら、グレーのプラスチックケースを開けて白の粘着パッドを剥がします。

AEDパッドケースに入っているパッドを貼る2.パッドケースを開け、パッドを剥がして身体に貼る

・パッドに描かれている絵を良く見てください。
・グレーのケースから1枚目の白のパッドを剥がして下さい。
・絵の通りにパッドを貼ります。
・皮膚にしっかりと押し付けて下さい。
・1枚目のパッドを貼ったら、2枚目のパッドを剥がします。
・絵の通りにパッドを貼ります。
・皮膚にしっかりと押し付けて下さい。
・身体から離れてください。心電図を解析中です。
・身体から離れてください。心電図を解析中です。

AEDのショックボタンを押す3.安全を確認しショックボタンを押す

・ショックが必要です。身体から離れて下さい。
・点滅しているオレンジのボタンを押して下さい。
電気ショック
・ショックが完了しました。
・119番に電話して、救急車を呼んだことを確認して下さい。
・身体に触れても大丈夫です。
・直ちに胸骨圧迫と人工呼吸を開始して下さい。
・心肺蘇生法の手順が知りたければ、点滅する青いボタンを押します。
・左右の乳首の真ん中に手の平のつけ根を当てます。その手の上にもう片方の手を重ねます。
・胸をしっかりと5cmくらい押してください。
・リズムに合わせて胸骨圧迫をして下さい。
・鼻をつまみ、頭を後ろに傾けて、人工呼吸を2回行います。
・息を吹き込んでください。息を吹き込んでください。
・胸骨圧迫を続けて下さい。

※ショックが不要な場合は電気が流れることはありません。

AEDのメンテナンス

ハートスタートAEDはともに、常に使用可能な状態をキープするため毎日自動セルフテストが行われます。このセルフテストによって異常が発見される可能性がありますので、日常点検として目視によるチェックが必要です。

緑色のランプが点滅していれば使用可能な状態です。
日常点検←ランプが消灯している場合は、注意が必要です。
また、FRxからビープ音が聞こえiボタンが点滅している場合は、iボタンを押して音声メッセージの指示に従って下さい。

AED講習

ハートフルはしもとではいざというときにAEDを正しく使用できるように、心肺蘇生とAEDの講習会を行っています。

弊社の応急手当普及員・AEDメーカー専任のインストラクターがAEDの使用方法を丁寧にお教えします。お気軽にお問い合せ下さい。 
お問い合せ

※AED設置の際には正しくAEDを作動させ、安全に使用できる様に講習をさせていただきます。

救命講習とは?

救急車が到着するまでの1分1秒が救急患者の生命に係ります。この大切な時間に、家族やその場に居合わせた市民による適切な応急手当が出来るように、一般向けに応急手当ての指導を受ける講習です。
講習は、訓練用の人形を実際に使用。より実践に近い形になっています。 講習内容は全国の統一されたカリキュラムに基づいて実施されており、救命講習は内容により、普通救命講習Ⅰ・普通救命講習Ⅱ・普通救命講習Ⅲ・上級救命講習などのコースがあります。

AED講習会のご相談

有限会社ハートフルはしもと
福岡県田川市桜町13-36
0947-44-0627

AED製品情報・オプション

本体

ハートスタートFRx ハートスタートHS1
ハートスタートFRx ハートスタートHS1
≫AED本体の商品詳細

オプション・消耗品

AEDボックス AEDボックス表示器付 AED看板
AEDボックス AEDボックス表示器付 AED看板
電極パッド バッテリ
電極パッド バッテリー
≫AEDの消耗品詳細

よくある質問 (AEDの使い方Q&A)

Q1.AEDはどんな人に使うべきでしょうか?

A.声を掛けても全く反応がなく、呼吸をしていない人に使用してください。

Q2.金属床上での使用は可能でしょうか?

A.使用可能ですが、パッドを金属面に接触させないでください。

Q3.濡れた場所では使用できるのでしょうか?

A.使用可能ですが、傷病者を水中から引上げてください。傷病者の胸が濡れている場合は、タオル等で水を拭き取った後、パッドを装着してください。

Q4.健康な人へ使用したらどうなりますか?

A.除細動が不要と判断し、ショックは実行されません。

Q5.AEDを使って法律に触れることはないの?

A.救命の為であれば、AEDは誰が使っても構いません。もし究明が不成功に終わったり、重篤な後遺症が残ったりしても、救助者は民法の「緊急事務管理」に係わる規定によって、免責されることがうたわれています。

Q6.AEDは何年ぐらい使えますか?

A.メーカー保証期間は5年間になります。

Q7.バッテリーは使い捨てですか?

A.使い捨てです。寿命は約4年(未使用・本体装着時)となります。

Q8.電極パッドは使い捨てですか。また有効期限はどれくらいですか?

A.1回使い捨てタイプで、有効期限が18ヶ月以上の製品をご提供させていただいております。電極パッドのパッケージに有効期限を記したシールが添付されていますので、期限切れとなる前に必ず交換してください。

Q9.使用済みの電極パッドや有効期限切れのバッテリーはどのように廃棄すればよいでしょうか?

A.廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従って廃棄してください。一般例ですが、使用済みの電極パッドは一般企業・公共機関所有のものは産業廃棄物として、個人所有の場合は一般廃棄物(不燃物)として廃棄してください。

その他、ご不明な点等ありましたら、お問い合わせください。

AED設置・販売に関するお問い合わせ

AED設置事例

設置場所

有限会社ハートフルはしもと 店内

お客さまが気持ちよく、安心して店舗をご利用いただけるようにAEDを設置しています。

AEDページメニュー

AED(自動体外式除細動器)とはAEDの使い方AEDのメンテナンス
AED講習AED製品情報・オプションよくある質問AED設置事例

商品の注文・ハートフルはしもとへのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
copyright(c)2010- 有限会社ハートフルはしもと,All Rights Reserved.