介護保険制度って何ですか?

介護保険制度とは、高齢化の急速な進展と増加する介護の費用、多様化するニーズへの対応を目的とし、平成12年4月からスタートしました。それまでは行政がサービスを決定していましたが、利用者自身がサービスを選択できるようになり、効率的で良質なサービスを受ける事ができるようになりました。

私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。
65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。
また、40歳から64歳までの人は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、介護サービスを受けることができます。

介護保険制度のねらいとは

1.老後の最大の不安要因である介護を社会全体で支える仕組みとする
2.社会保険方式により給付と負担の関係を明確にする
3.
利用者の選択により、多様な主体から保健医療サービス・福祉サービスを総合的に受けられる仕組みとする。
4.
介護を医療から切り離し、社会的入院解消の条件整備を図る。

介護保険の適応詳細はこちら
介護保険福祉用具貸与

商品の注文・ハートフルはしもとへのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
copyright(c)2010- 有限会社ハートフルはしもと,All Rights Reserved.