最近反省した事


僕は双子の姉妹、彩良と深玖の見分け方が未だ曖昧です。


二人並んだらある程度は見分けられるようになってきましたが

一人ずつの時はどっちがどっちか分からなくなる事が多いです。


嫁から言わせれば、まったく違う顔をしているそうですが、僕はほとんど同じ顔に見えます。

彩良を深玖と呼んだり、深玖を彩良と呼ぶことはしょっちゅうあります。


正直、「まあ、育って行くうちに分かる様になるやろ」とあまり深くは考えていませんでした。


が、


先日、双子の定期検診に行った時に先生から言われた内容を嫁から聞いてとても反省しました。


先生の話では

一卵性の双子はよく似ているので、必然的に周りの人達から

「この子はどっち?」

と言われたり、違う名前で呼ばれたりすることが多くなるそうです。


産まれた時からこのような事を言われ続けている双子達は、潜在意識の中で

「自分は大切にされていない」

「もっと自分を見て欲しい」

と感じるようになるそうです。


特に一番身近な「親」が見分けがついていない事は「最悪」だそうです(涙)


それを聞いた嫁はさすがに

「うちの旦那は見分けられません」

とは言えなかったそうです(汗)


冗談抜きで、僕が彩良と深玖にしている事は、この子達が成長して行く過程の中で

とても悪影響を及ぼす一因になると思います。


僕の名前は「尚太」と書いて「ナオタ」と読みますが、子供の頃はよく「ショウタ」と間違えて呼ばれ

嫌な思いをした記憶があります。

他人から自分の名前を間違われても嫌な思いをするのに、親から間違えられたら…。


一卵性双生児を授かった親として「子供の名前を呼ぶ」という

最低限の事が出来ていなかった事に気付いてすごく反省しました。


彩良ちゃん、深玖ちゃん。


これからパパは間違えないように頑張ります!

大きくなってこのブログを見たら怒らないでね。すごく反省していますので。

ちなみに僕の中で絶対間違えない方法は一つあります。

それは右耳に小さなイボみないな物があるのが「深玖」です。


これを言うと嫁から

「アナタはまだそれでしか見分けられないんやね」

と呆れられますが…

㈲ハートフルはしもと 常務取締役 橋本尚太

弊社では、飯塚、嘉麻、田川を中心に介護保険福祉用具レンタル(貸与)・介護用品の販売・住宅改修・AED販売などを行っています。当サイトでは、リフレの介護用紙おむつ通販を行っております。また、紙おむつは店頭でも販売しております。

新着記事

商品の注文・ハートフルはしもとへのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
copyright(c)2010- 有限会社ハートフルはしもと,All Rights Reserved.