【AED】AEDを使って法律にふれることはないの?

救命の為であれば、AEDは誰が使っても構いません。

もし救命が不成功に終わったり、重篤な後遺症が残ったりしても、救助者は民法の「緊急事務管理」に係わる規定によって、免責されることがうたわれています。

≫ AEDの詳細

商品の注文・ハートフルはしもとへのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
copyright(c)2010- 有限会社ハートフルはしもと,All Rights Reserved.