レコードプレーヤーも復活させました!

前回の真空管アンプに続きレコードプレーヤーも部屋の奥から出してみました。


CDやDVDなどの今のデジタル音源と違い、昔(?)のアナログ音源は

レコードカートリッジも色々交換して音色の違いを楽しんだものです。


CDなどに比べればダイナミックレンジも狭く、プチプチというノイズも入りますが

デジタルには無い味があります。


米国 SHURE製M95ED

名器 V15typeⅢの弟分でクラシックなどは楽器の音が明瞭で、音は少しおとなしめですが

ボーカルはぐっと前に出てくる感じで音の定位が抜群です。


ドイツ ELECTRO ACUSTIC製 D355-E

高音から低音までバランスの良い音が魅力です。


デンマーク ortofon製 FF15E MkⅡ

ロックからポピュラー、ボーカルと万能カートリッジでパンチのある音が魅力で一番のお気に入りです。


audio-technica製 AL11d

これも万能カートリッジで、音が自然でortofonを購入するまでは、このカートリッジを主に使っていました。


㈱ハシモト 主任 鳥越弘二

病院施設・福祉施設用、業務用紙おむつ・パッドの取扱いを行っております。また、個人の方は店頭でも販売しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。 リフレ介護用紙おむつの通販

新着記事

商品の注文・ハートフルはしもとへのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
copyright(c)2010- 有限会社ハートフルはしもと,All Rights Reserved.